事業承継で困ったら

事業継承が絡む場合も税金対策とは別に対策が必要なので要注意です。

 

例えば父親が死亡した場合に子供や配偶者に法定相続分を相続しなければいけないわけですが、預貯金がない場合などは保険を利用するなどの対応が必要です。

 

また介護をした方には寄与分なども配慮も必要で、予め遺言書などで意思を明記しておくことが必要です。

 

離婚をした場合なども注意が必要です。

 

前妻は相続人にはなりませんが、前妻との間に子供がいる場合は相続の必要が出てきます。

また、内縁の妻は相続人になりません。

 

事業承継が絡む場合はどうすれば良いでしょうか。

 

立川北法律事務所は、多摩地域でも事業継承には強い弁護士事務所です。

特に、弁護士会から指名で講師をお願いされるなどのベテランです。

 

事業承継は個人事業主、会社などの形態に問わず検討が必要です。

そもそも事業にどの程度の資産や預貯金があるかなどを把握しなければなりませんが、会社法も絡む問題なので複雑になることがあります。

 

立川の弁護士は信託にも強いそうです。

 

事業承継、相続人お困りの祭は立川の弁護士、立川北法律事務所に相談しましょう。