色決めのサンプルは大きければ大きいほどよい

リフォームをする際、相談している業者さんから「この中から色や品番を選んでくださいね」と、小さなサンプルが並んでいるサンプル帳を渡されることもあると思います。仕様も金額もまとまってきたし、後は色味だけねと気軽に請け負う前に少し待ってください。実はそれ、とても大事な事なのです。数センチ角の小さなサンプルで見ているものが、実際とても大きな面積のものとなった時、雰囲気はかなり違って見えてきます。特に壁紙は「こんな柄も入っていたのね」となることもあります。設備関係の面材などは、ショールームで大きいサンプルを見られることもありますし、実際にそのものが展示されている場合もあるので、足を運ばれることをお勧めします。こちらは仕様決めの際などに行くことも多いので、なじみのある方も多いと思いますが、ショールームは一度だけという決まりもないので、納得がいくまで行かれるとよいでしょう。壁紙や床材などの内装材も、実は設備関係に比べると数は少ないですがショールームを持っているメーカーもあります。もしショールームが身近になかったりして行けない場合は、ぜひ一度担当の方にもっと大きなサンプルで見たいと要望してみて下さい。意外と大きなサイズのサンプルが手に入るものです。より大きなもので見るだけでも、より空間のイメージがつきやすくなりますし、実際とのズレも少なくなっていきますので、お勧めです。アクティブな色決めを楽しんでみてください。
ヤマダ電機 リフォームの評判・口コミは悪い?